麻雀% > 初心者のステップアップ講座 > 麻雀の壁と1チャンス

麻雀の壁と1チャンス

ここでは麻雀の壁についての説明します。

スジと複合することにより、より安全牌を探すことができるようになるためしっかり覚えましょう。

壁とは

数牌が4枚見えているときに使える守りの基本の手法です。※スジと同じく両面待ちが前提です。

例:
と持っていた場合は単騎待ちにしかなりません。

なので国士無双を除く場合において、と自分が持っていた場合は完全なる安パイです。

これは自分の手の中と河をみたときの場合も一緒です。河と手の中が合計で4枚とが4枚見えている場合でもは安パイということです。

他の例をあげると、

が4枚見えている状態ではが安パイです。

の場合、が安パイです。

1チャンス、2チャンスとは

1チャンスは、壁とまったく同じ考えで、数牌が3枚だけ見えているときに言います。数牌が2枚の場合は2チャンスと言います。

1チャンスの例:
と持っていた場合、が両面待ちに当たる可能性は、他家が4枚目のを持っていて、そこが待ちになった場合のみです。

2チャンスは正直、安全とは言えません。仮に、のように持っていた場合は、ピンは2チャンスが二つ重なるので比較的当たりにくいです。

スジや壁は守りの基本ですので、降りる時にはいつも探す癖をつけて、安パイから切っていくようにしましょう。

 

次へ

ホームページの先頭へ