符の構成

符はあがると決まりごととして必ず20符(副底(フーテイ))が与えられます。(正式な点数計算)。

符計算は、点数早見表さえ暗記していれば副底(フーテイ)に覚えた符点の足し算をするだけなので簡単です。後は暗記した早見表の点数が言えれば点数計算は完成です。※表を覚えず毎回計算して求めることができますが現実的ではないです。

符の加算(メンゼンロン)

メンゼンロンのあがりは副底に10符を足すので30符となります。条件はメンゼンロンなのでツモあがりか、鳴いた場合20符のままです。まずこれを確実に覚えてください。

この基本点に、これから説明する手牌の雀頭メンツツモ待ちのそれぞれの符が加わります。 この加算符により点数が上がります。 上がった場合、テンパネ(符ハネ)したと言います。

符の加算(手牌に付く符)

次の表は、雀頭とメンツによって加わる符です。

鳴くと符は半分、字牌は数牌の2倍と覚えると簡単です。

種類 タンヤオ牌 1・9牌と字牌
アタマ
0符

役牌のみ2符
同じ牌3つ

ポン


2符

4符
アンコ
4符

8符
カン ミンカン
8符

16符
アンカン
16符

32符

ダブ東とダブ南の雀頭は2符と4符にするルールがあります。2符は伝統的なルールで4符は合理的なルールです。自分のグループで始めに決める必要があります。現状では、ダブ東とダブ南の雀頭は2符の雀荘のほうが多いです。

※ピンフ形は暗刻がないので必ず加算符がなく、+0符となりますので確認してみてください。

※雀頭は、字牌ではなく役牌のみプラス2符を加えるので注意してください。ピンフの雀頭が役牌では成立しない理由です(字牌(オタ風)は0符なので可)。

ピンフにはならない例:

符の加算(あがりに付く符)

>
テンパイの形 あがり牌 ロン ツモ

両面待ち

0符 2符
カンチャン待ち 2符 4符
ペンチャン待ち 2符 4符
シャンポン待ち

0符 2符
アタマ待ち
(単騎待ち)
2符 4符

これらの符を全て副底(20符)に加えます。例のように、加えましたら1 桁は全て切り上げます。

例:22符は30符、36符は40符計算する。

例のように、多面待ちの場合に、カンチャンもしくは単騎とみなすことができれば+2符となります。

例:   ツモ

リャンメン待ちをカンチャンツモと見なし、ツモ2符+カンチャン2符で4符となる。

重要:ピンフの形以外は必ず符が加算される。

例:子のメンゼンロンのタンヤオのみは40符となり1300点となる。

3つの例外(かなり重要)

1.ピンフは符がつかない基本点のみの役であり、ピンフはツモ時も特別に0符にします。よって、 ピンフツモは20符2ハンと符計算します。(20符にツモあがりの2符を足さないということです)

補足:(昔、ツモ時にはピンフ役が付かないというルールでしたが、ツモ時の方が安くなることをさけるために、ピンフ役を付け、ピンフツモは+0符にすることにしました)

2.鳴きピンフ形は特別に30符とします。(700点→1000点)

よって、麻雀で20符計算するあがりはピンフツモのみとなります(下例を参照)。和了時、ピンフ形以外はすべて2符以上の符がつきます。確かめてみればわかりますが、ピンフ形は雀頭も面子も待ちも+0符です。

例:ピンフツモのみの点数は20符2ハンですので子400親700です。(40符1ハンと同じ点数となります。)

3.チートイツはまったく別計算であり、符の加算はせず、常に25符とします。

チートイツのみ(2ハン25符)は1600点です。チートイツ・ドラ2の場合の4ハン(50符3ハン)は6400点です。2ハンからプラス1ハンするのをまとめると1600,3200.6400,8000,12000となります。

3つの例外で必ず覚えて欲しいこと

1.和了で20符はピンフツモのみ(いかなる場合も加算符は0)。

2.鳴きピンフ形30符

3.和了で25符はチートイツ(ロン、ツモ)のみ(いかなる場合も加算符5のみ)

補足:チートイツのみは2ハンなので50符1ハン(イーハン)で計算して1600点とする人もいますが、6ハンはハネマンとなるので注意が必要です(50符5ハンで計算しない)。

例題1 南家、ドラ

ロンの点数は?

  チー

ツモの点数は?

ツモの点数は?

ロンの点数は?

ツモの点数は?

 

ロンの点数は?

 

ここまで覚えましたら、登録なしの麻雀ゲーム(フラッシュ)で確かめてみるのも良いと思います。

点数早見表>>

点数計算の問題>>

ホームページの先頭へ