麻雀% > 麻雀の点数の覚え方 > 正式な点数計算

麻雀の点数の覚え方

正式な点数計算

符点を知らずに点数計算をすることはできません。計算式まで覚える必要はありませんが後で「なぜ?」とならないように正式な点数計算を説明します。

暗記:和了すると符は必ず20符(副底:フーテイ)が与えられます。

20符となる理由:

副底は20符といっても、符の計算時に加算されて30符となることが多く、この30符を計算すると1ハンが1000点という扱いやすい点数になるからです(加算方法は後で説明します)。

東場、南家 和了例:

ロンの点数?

回答:30符1ハン 1000点

解説:ピンフのみ。副底の20符にメンゼンロンの+10符(符の計算で説明します)。

実際に1000点になるか計算してみる(覚える必要がなく、参考程度で十分)

ツモの得点の計算式は

基本点=符×2(ハン数+2)

と決められています(参考程度で覚える必要ないです)。

ハン数というのは倍にするという意味で単位として使われています。

この式を使うと子の30符1ハンのツモは、符に30とハン数に1を代入します。支払う点数は、

基本点=30×2(1+2)

となり、この式を解くと30×2×2×2=240です。この点数はツモなので、子の二人と親が支払います。

合計点数は240+240+480=960となり、切り上げると1000点です。

(補足)本来の基本点の計算式

基本点=符×2(ハン数)

この式では子の1ハンツモの時の子の払う点数は30×2=60となり、ツモなので合計すると、

60+60+120=240となります。中途半端な点数なので困ります。そのため現代麻雀では、最初の計算式のようにハン数+2にすると決めました。この2ハンを場ゾロ(リャンゾロ、バンバン)といいます。本来1ハンといったら3ハンのことですが、わかりづらいので省略して1ハンにしています。

覚えて欲しいこと

暗記:1000点は960点を切り上げた点数である。

これにより、子の3ハンが4000点ではない理由がわかります。なぜなら960×2×2=3840となり、切り上げると3900点(1000:2000)だからです。また4ハンは7680点で7700点(1900:3900)となりますが、ツモの場合、点棒のやり取りが大変なので、8000点(2000:4000)とするのが一般的となっています。同様に親の11600点も12000点にしています。

東場、南家 和了例: ドラ

ロンの点数?

回答:30符3ハン 3900点

解説:ピンフ、ドラ2。副底の20符にメンゼンロン+10符。

計算方法がわかりましたら、符の加算方法を覚えましょう。

符の加算方法(符計算)>>

ホームページの先頭へ