麻雀% > 麻雀日記 > 日記3

フリー麻雀/日記3

前回の続き2

次の半荘が始まると、かなり負けている下家が「やってられない」と言い出す。

(そう思うのはあなただけじゃないですよ。

対面からリーチがはいり、上家があたり牌をだしたら、対面は「まだだすなよー」とかいっている。完全に調子に乗ってしまったようだ。

テンパイ形を見たらツモスーだったが、ロンなので倍満だった。

(この人完全に挑発行為をしているような...

とりあえず、ツモられず放銃もしないでよかった。また、この局はマンガンを数回あがったので、自分の点棒状況はオーラス50000点持ちのトップ目だった。

麻雀は何でも起こる

下家(子)から「リーチ」が入った。

(オーラスだし、とりあえず早く流してくれればいいか。

リーチ者の下家が「カン」

(悪あがきだな。でもチップは払いたくないからツモらないでほしい。

ハイテイ直前になり、親もノーテンのようだったので流れればトップ終了できるので安心していた。

下家が「ツモ」。

(次の牌がハイテイなのに...

    ドラ

の1枚は赤ドラ)

赤ありでちょっと高いかな。メン、タン、ツモ、イーペー、赤2だから跳マンだな。

 

裏ドラ カン裏

え!!!

下家「数えだな。8000 16000と・・・赤、赤、裏8でチップ10枚」。

「やってられない」とか言っていたのは誰でしたっけ?

オーラスであっさりまくられる。

最初に書いた通り、レートがピンの場合、チップ1枚は5000点棒と同じ。(ツモのチップ10枚は、5万点なので親役満(48000点)×3倍より高い!)

何枚失ったのかな〜

友人への結果報告

友人に話すと

友人A「よくあるって」

「そうだね」

友人B「いけてないね」

「うん」

(よくあるわけないだろ!
この3ハンチャンがよくあったら麻雀をやっていない。

一応、起こりうる可能性あることを前提で打っているので、簡単に心は折れないつもりだがグラついた。

今回は打ち方の問題だけではなく、運が悪いところを最悪なタイミングで、それも連続で引いた。下手な打ち手は、このような場面に出くわすと、すぐに心が折れて愚痴をいいだしたり、ミスを連発するのを見かける。

とりあえず、これだけ運が悪くてこの結果なのだから、次は勝てると前向きに考えることにする。でも悔しかったので次の日も打ちにいく。


次へ

ホームページの先頭へ