ホーム > 麻雀役の一覧

麻雀役の覚え方

覚え方のコツは、どうなったら役は成立するのか。次に、それができるようになったら鳴きと食い下がりを整理することです。

関連記事:役の読み方の一覧麻雀役の出現確率一覧役の作り方この手牌は何の麻雀役を狙うべき?

(表の×印は鳴くと成立しなくなる役です)
1ハン役 鳴き 2ハン役 鳴き 3ハン役 鳴き 役満(13飜) 鳴き
役牌 トイトイ ホンイツ 食い下がり2ハン スーアンコ ×
ピンフ × 三色 食い下がり1ハン 純チャン 食い下がり2ハン スーカンツ
リーチ × チートイ × 二盃口 × 大三元
ツモ × 一通 食い下がり1ハン 国士無双 ×
タンヤオ 三暗刻 × 4ハン役 鳴き 天和 ×
一発
× チャンタ 食い下がり1ハン 小三元 地和 ×
一盃口 × 三色同刻 混老頭 四喜和
ハイテイ 三槓子 字一色
リンシャン ダブリー × 6ハン役 鳴き 清老頭
チャンカン チンイツ 食い下がり5ハン 緑一色
レンホー × 九連宝燈 ×

1役

役牌(ヤクハイ)*****

アガリ形

同じ役牌が3牌あって成立します。役牌の刻子(コーツ)と言います(1)。
特別なケースですが役牌の重複に関して:東場で東家のや、南場で南家のは、それぞれ役牌となるので2ハンとするのが一般的です(2)。


(1)役牌と字牌の違いについて

同じ牌が3牌あればは無条件で役牌です。は場風か自風の時に役牌となります。

刻子は同じ牌が3牌あることです(上図でいえば)。補足:自分の手牌の中にあるなら暗刻(アンコ)、鳴いているかロン牌なら明刻(ミンコ)といいます。

アンコは麻雀ではよく使われ、たまにミンコである場合もアンコという方がいます。

 

例:東場なら全プレイヤーの場風となり役牌です。西家の場合、自風となり役牌です。風牌に関しての詳細

(2)
この2ハンを、ダブトンとダブナンと言います。

計算時の読み方は「ヒトヤク」、二つあったら「ヤクヤク、フタヤク」と表現することもあります。

鳴いても成立します。

平和(ピンフ)*****

西家 テンパイ形

上図のテンパイでであがると成立します。麻雀はまずピンフ狙いというくらい重要な役です。

成立条件:

  1. 構成面子は、全て順子などの数牌の並び)であること(1)。

    (1)は不可です。同じ牌三枚(など)は数牌の並びでないので当然不可です。

  2. 雀頭()が役牌の場合には成立しません(2)。※字牌が成立しないわけではありません。

    (2)オタ風(場風や自風ではなく役がつかない風牌のこと)であれば大丈夫です。要するに、雀頭が字牌の時は役牌でない場合のみ成立します。もちろんなどの数牌が頭の場合は大丈夫です。
  3. のようにリャンメン待ちでないと成立しません。待ちでロンではピンフはつきません。
    などのを当たり牌とする頭と待ちが混合する他面待ちは注意が必要です。を頭にしてのリャンメン待ちの場合は大丈夫ですが、を順子としての頭待ちは、リャンメン待ちでないためピンフがつきません。多面待ちなどで待ちが混合する場合の補足

例:〇は成立、×は成立しません。

×

×

×

自分が北家の場合↓

×

東場の場合↓

×

鳴いた場合、この役はなくなり、他に役がないとあがれません。

ページの先頭へ

リーチ*****

テンパイ後に「リーチ」と宣言をして、捨て牌を横に曲げてから1000点棒を場の中央におくと成立します。

例:捨て牌

リーチ後は、手変わりができないというルールがあり、あがるまでツモ切りします。

例外:待ち(あがり牌)が変わらない暗カンはできます。

聴牌(テンパイ)していないリーチは、流局時にチョンボ(マンガン払い)となります(ミスだとしても注意不足として嫌がられます)。

まだテンパイしていない例:

鳴いた場合にはルール上、リーチはできません。

ツモ*****

聴牌(テンパイ)して自分のツモであがると成立します。

鳴いた場合、成立しないので他に役がないとあがれません。

タンヤオ****

テンパイ形

手牌が全て2~8の数牌で成立します。上図の聴牌(テンパイ)ではであがると成立しますが、でのあがりは成立しません。

一般的には、アリアリのルールがほとんどですが、完全先付けと鳴いタンなし(ナシナシ)というルールを自分たちが決めた場合は、上図の手牌のように役牌が確定していないのに鳴く、また、他に役がないとあがれません。

ピンフとよく複合する役です。上図ではではなくだったらピンフもつきます。

一発(イッパツ、ソク) ****

リーチした後、次の自分のツモまでにあがる役です。ロンでもツモでも成立します。

リーチしたその巡で他家が鳴いた場合には成立しません(一発消しと言います)。

補足:リーチ後にカンした場合も、鳴きと同様なので一発は成立しません  

リーチ後なので鳴きは存在しません。

一盃口(イーペイコー、イーペイ) ***

アガリ形


のような形(同じ種類の牌の順子の2組)で成立します。
テンパイの時の待ちはや、などどちらでも大丈夫です。

鳴いた場合、成立しないので他に役がないとあがれません。

ハイテイ****

一番最後の牌であがると成立します。ツモでもロンでも大丈夫です。

補足:正式にはツモあがりだとハイテイツモ、ロンあがりだとホーテイロンと言いますが、一般的にはどちらも区別せずにハイテイとして認知されています。

鳴いても成立します。

ページの先頭へ

リンシャンカイホー(リンシャン) 

テンパイ形
  

カンをしたときのツモできるリンシャン牌であがると成立します。

上図ではをカンした時に、リンシャンからツモをしたら成立します。

リーチ後でもアンカンできます。リンシャン牌ツモがあがり牌だったときはリーチ後でも成立します。

鳴いても成立します。

チャンカン

テンパイ形
  

他家が加カン(※)をしたとき、その牌であがったら成立します。※加カンとは、ポンした牌と同じ牌をツモってきたとき、カンすることです。上図の場合、他家がを加カンした時に成立します。 ロンのみで滅多に見ない役です。

鳴いても成立します。

役が複合した時の数え方

役を数えるとき、1ハンと言います(点数を計算する際の読み方)。

ハン数を計算する方法:

メン(リーチ)、タン(タンヤオ)、ピン(ピンフ)、一発、ツモ、イーペイ、三色、ドラドラ(ドラ2)、赤ドラ(赤入りドラ2)などといいます。リーチは「リー」より「メン」と言うことが多いです。三色、ドラドラが4ハンなので、合計10ハンです。これらの役はよく複合するので覚えておきましょう。

他にはリーチ、一発、ヤクヤク(役牌2つ)と言う場合もあります。

2役の一覧>>

役の作り方>>

麻雀役の一覧(確率)>>

ホームページの先頭へ